R-Sweetsな生活
rsweets.exblog.jp

ロマンティックなお菓子を

by R-sweets
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
☆ピックアップブロガーに選んでいただきました*


写真素材
ミントBlue
カテゴリ
タグ
最新のコメント
ベリー先生♪ うれしい..
by R-Sweets at 20:56
こんにちは^^ ス..
by ミセス・ベリー at 08:52
ベリー先生♪ ありがと..
by R-Sweets at 17:20
Rさま、おはようございま..
by Mrs.BERRY at 09:12
わぁ♪ ベリー先生、コメ..
by R-Sweets at 09:54
こんばんは^^ 先日は..
by Mrs.BERRY at 22:45
maco先生、コメントあ..
by R-Sweets at 14:33
素敵な レッスンですね♡..
by niconicomaco at 13:11
小枝さん♪ 美味しかっ..
by R-Sweets at 13:29
こんにちは~♪ 楽..
by koeda-ny at 16:49
以前の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用すること、模倣することを禁じます。
ライフログ
信念の人①*
d0078892_14491028.jpg
昨日は久しぶりに「東京スイーツ倶楽部」の例会に参加してきました*
何しろ今回は「エス コヤマ特集」、しかもゲストに小山シェフがわざわざ三田からいらっしゃる、と聞けば、やはり行きますよね~016.gif
エス コヤマのお菓子は、一部ネットでお取り寄せできますが、小山ロールはできないので、サロン・デュ・ショコラの時に並ぶか、三田まで行くしかありません。。
三田はさすがに遠い~ので、こんな機会はめったにない、と、いそいそと出かけてきました♪
だって、絶対小山ロールはあるな~、と思ったので^^v
考えることはみな同じみたいで、今回の参加者は52名(通常は35~40名くらい)、何と!キャンセル待ちが32名もいたそうです!!

まず最初に、お店の紹介VTRを見せていただき、それから小山シェフのお話。
小山シェフも相当~、お話好きらしく(笑)、
「話せと言われれば、4時間は話せますよv」とおっしゃっていました037.gif
主催の中村さんも関西の方なので、おふたりの掛け合いがまた絶妙^^
シェフのお話が長くなりそうだと、椅子に腰掛けていただくよう促し(それが合図・笑)、シェフも言われる前に話すのやめたり、なかなかのいいコンビ(?)でした。
小山シェフ曰く、これからのパティシエは話せないとだめだ、と。
というのも、自分のお店を構えるからには、人と同じものを作っていてはだめ。
商品として出す意味があるオリジナリティのあるものでないといけない。
それを伝えるためには自分の考えをきちんと説明できることが大切である、ということ。
例えば、美味しい素材に出会ったとき、生産農家さんに出向いていって、こういうお菓子を作りたいから、このフルーツや野菜がどうしても欲しいのだ、と説得しなければいけない。
生産農家さんは、やはり大量に買ってくれるところを優先するので、断られることが多いのだとか。
これだけ有名になったシェフでも、何回も断られるそうで、何度も何度も足を運んで、説明して、そしてやっと売ってもらえるそうです。。
またサロン・デュ・ショコラのような大きな舞台でも、自分のお菓子はこうなのだ、ということをきちんとアピールできないといけないのですね。
これは何をする時にも通ずること。
私たちにも、とてもためになるお話でした。

d0078892_15182045.jpg
さて、最初に出していただいたのは、こちら 
昨年C.C.Cで5タブレットを受賞した「デギュスタシオン№5」です♪
どうもこの、「タブレット」とか「アワード」とか「C.C.C」とか、何度読んでもよくわかんないな~、という感じなので、私なりの理解でちょっとおさらいを* (興味のない方はとばしてください。。)

「C.C.C」とは、簡単に言うと、フランスの権威あるショコラ愛好家協会で、タブレットはミシュランの星のようなもの。
昨年は約250人のショコラチエがエントリーし、その中で1~5タブレットを獲得したのが計150人。
さらに、このC.C.Cとサロン・デュ・ショコラなどの協同で選ぶのが「アワード」。
タブレット受賞者150人のうち、最高の5タブレット受賞者20名の中から、さらにアワードを合わせて受賞した人が12名で、日本人は2名でした。
もうお一人はもうお分かりですよね?^^
つまり、5タブレットとアワード、合わせて実質6タブレットなんだそうです♪
これで合ってるかな~。。(不安。。)
しかも、サロン・デュ・ショコラ初出展で受賞した人は史上初、さらに海外経験がない人も初だそうなので、何もかも規格外ということでしょうか。
2010年に一度、サロン・デュ・ショコラサイドから出展の要請を受けるも、その時は辞退。
翌2011年に再度オファーがあっての出展だったそうです。。
ああ、すごすぎて、私の説明も長くなる~。。

この写真では分かりませんが、ボンボンの上あたりに番号が振ってあります。
左から1から5までで、その番号はコンクールの規定種目。
 1.ビターチョコレートを使ったボンボン
 2.ミルク       〃
 3.プラリネ      〃
 4.オリジナルのボンボン№1
 5.オリジナルのボンボン№2(あれば)

この順番に何を出すか、にもシェフのすごいこだわりがあって、どうしたら効果的に美味しく審査員に食べてもらえるか、をストーリーとして考えたのだそうです。(このあたりは省略。。)
ひとつずつ試食していくたび、みんなで顔を見合わせ、「う~~~ん♥♥♥」とうなる私たち(笑)
このうち、4番が有名な大徳寺納豆を使ったボンボンです。
これは言わば日本版「キャラメルサレ」で、大徳寺納豆の塩味が、ちょうどキャラメルサレのような、効果的な塩味を感じさせます。
インパクトあるこのボンボンには「一休」という名前がついていて、サロン・デュ・ショコラのブースには、あの一休和尚の肖像画も展示したそうです。
(アニメの一休さんじゃないですよ~037.gif
どれも美味しくて順番なんてつけられないけど、私は2番と3番が特に好みでした。
3番のプラリネはもちろん自家製。
ちょうど青木さんのレッスンでも自家製プラリネをいただいていたので比較すると、小山シェフの方が少し濃厚な気がしました。
どちらがいい、というレベルではもうないので、好みですね~。。(私はどちらも好き♪)
でも、一粒をふたりでシェアするので(笑)、もう一度ゆっくり味わいたいです。。

次はいよいよ「小山ロール」053.gif (もう飽きてきました?笑)
d0078892_168840.jpg
「情熱大陸」で腕でガ〜ッと混ぜていた、あれですね037.gif
小山ロールは温度管理や日持ちを考慮し、当日の朝、作ったものを、シェフが自ら持ってきてくださったそう。
これを2人でシェアしました。(myナイフ持参しましたv)
最初に見たとき、ふわふわっ!生地が厚い!肌理が細かい!のにびっくり!
それに対して、クリームが少ないんじゃないかな~、と思いましたが、食べてみると、生地が溶けるようなので、このクリームの量がちょうどいいのです 
でも、生クリームとカスタードそして栗が入っているのですが、残念~、私のカットには栗が入ってなかった~007.gif
印象は、とにかくミルキー!!!
おいし~いっ!!!

私、エス・コヤマの「エス」って、お名前(ススム)のイニシャルSをカタカナで書いているのかと思っていたのですが、今回、分かりました♪
「エス」とは、心理学・精神分析学用語で、「無意識下の欲求」であり、「無意識に食べだしてしまうほど、心の底から食べたいという衝動を抑えきれなくなるもの」という意味でつけたそうです。
(論文書けそう~)
あ~、そう言えば大学時代、心理学に出てきたな~、みたいなことを考えながら、うなりました~。。 
シェフがおっしゃっていた言葉で印象的だった「子ども力」。
子どもの時に経験したこと、感動したことから出る発想などのことだそうですが、このミルキーさは人間だったら絶対DNAに刻まれてますよね^^

やっぱりこれは言葉では説明できないので、ぜひ食べてください!(笑)
説明できることが大切、と言われながら突き放す~(爆)

長いので続く。。

blogランキング参加中。
クリックしてね♥

ありがとう^^
by R-Sweets | 2012-03-17 16:41 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rsweets.exblog.jp/tb/15586949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lynne at 2012-03-18 05:55 x
ひゃ~~~~@@何もかもがひゃ~~~~~~(笑)

「タブレット」とか「アワード」とか「C.C.C」についてはもう一度
ゆっくりちーずけーきさんの説明文を読んで理解するよう
頑張ります(まだ全然わかってない人 ̄▽ ̄;)

小山さんの著書にもesの意味、心理学的な意味合いのことを
書かれてました。確かにスウィーツに関してはあれこれうんぬん
考えるよりも“食べたーーーーい≧▽≦”という直球な感情で
食べてることが多い気がする ̄▽ ̄;

それから“あ、これ子供のころ食べた味”と思うものは美味しさと
ともに嬉しさもこみあげてきたりして*^^*

あ~、それにしても今回もまたまたうらやましい^m^
続き、早く読みたいです♪
Commented by R-Sweets at 2012-03-18 16:33
Lynneさ~ん、今日のも長いですが、読んでくださいね~♥

でしょ~、何もかもがひゃ~~~~っ!ですよね(笑)
そうそう、私、まだご本を一冊も持っていないのです(汗っ)
遠いということもあって、今まであまり関心がなかったというか。。
でもこれから買ってお勉強させていただきます!って感じです(笑)

そういえば、Lynneさん、プリン苦手なのですね!
お、お~っ、小山ぷりんが食べられないじゃないですか~^^;
ちょっと「なめらかプリン」よりのなめらかさ、でしたよ^^ ←おせっかい(笑)