R-Sweetsな生活
rsweets.exblog.jp

ロマンティックなお菓子を

by R-sweets
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
☆ピックアップブロガーに選んでいただきました*


写真素材
ミントBlue
カテゴリ
タグ
最新のコメント
ベリー先生♪ うれしい..
by R-Sweets at 20:56
こんにちは^^ ス..
by ミセス・ベリー at 08:52
ベリー先生♪ ありがと..
by R-Sweets at 17:20
Rさま、おはようございま..
by Mrs.BERRY at 09:12
わぁ♪ ベリー先生、コメ..
by R-Sweets at 09:54
こんばんは^^ 先日は..
by Mrs.BERRY at 22:45
maco先生、コメントあ..
by R-Sweets at 14:33
素敵な レッスンですね♡..
by niconicomaco at 13:11
小枝さん♪ 美味しかっ..
by R-Sweets at 13:29
こんにちは~♪ 楽..
by koeda-ny at 16:49
以前の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用すること、模倣することを禁じます。
ライフログ
大阪で行列のお菓子屋さん*
d0078892_13431984.jpg
今日は台風も近づいていて、心配なお天気ですね。。
お出かけの方は、帰宅の時もケガなどしないよう、注意してくださいね 
って、私に言われたくないか037.gif

さて、これは5月のお出かけの時の写真です。。
一ヶ月以上も前のことなので、記憶もあやふやになってきていますが、東京スイーツ倶楽部
5月の例会は大阪の一番の注目店ということで、楽しみに参加させていただきました♪

実は私、未だ一度も大阪の地を踏んだことがありません^^;
なので大阪はもとより、関西のお菓子屋さん事情には全く詳しくないのですが、主催の中村さんによると、この「パティスリー・ラヴィルリエ」さんのお菓子は、今までにこのあたりにはなかったお菓子なのだそうです。
全体に、何を主張したいのかがはっきりわかるような味とテクスチャー。
服部シェフは25歳頃、エルメさんのいたフォションでも修行をされたそうですよ^^

左上から時計回りに。
ミルフィーユはアンヴェルセを四つ折り5回なんだそう。
こんがりと焼いてあって、苦味が利いてる大人の味。

スリジェ。
意外にも、「噛み締める」ことを楽しむお菓子なのだそう。
これも甘すぎず、大人の味。

ミロワール・カシス。
ゼラチンぎりぎり、口あたりがとてもなめらか♪

テメレール。
シェフのスペシャリテで、「テメレール」とは「無謀な」という意味だそうです。
上下はよく焼いたシュクセ、中はゼラチンを使っていないアプリコットとオレンジのジュレ。
私はこのジュレにも感動 

ここまでのお菓子で私が感じた共通点は、「苦味」がポイントになっている大人のお菓子。
ミロワール・カシスは苦味ではないけど、やはり大人のお菓子でした。
そして、最後のお菓子でびっくり~005.gif

d0078892_14451169.jpg
ショコラ・キャラメル・サレ。
デザインはどれも奇を衒ったものはなく、むしろオーソドックス。
でもこのショコラ・キャラメル・サレにはひっくり返りそうになりました 
(ほんとに一口目にのけぞりました・笑) 
私が一番好きなものはショコラのムースなので、特にこの手のものにはうるさいのですが(笑)、グラサージュの濃厚な味に負けちゃうムースが多い中、これは!
中のショコラムースと、とろっとろっのキャラメルが!!
特にキャラメルがガツン!と効いているのに、そのなめらかさですべてがベストな状態でまとまっているのに、やられました~016.gif
普通はキャラメルに塩を混ぜるところ、このお菓子は直接塩を振っているのだそうですよ。
だから食べる場所によって、塩の感じ方も微妙に違うらしいですが、それがいいのかもね~。。
今度私もやってみようかな。。

サクサク感が命のお菓子などは、大阪から持ってきてくださったこともあって、多分お店でいただいたらもっと美味しいんだろうなあ、というのがありましたが、シェフ自らが遠くから運んで来て下さって、普段ならいただけないお菓子で感動させてくださって、とても幸せでした^^
気さくで(ちょっと気の弱そうな・笑)質問をすると何でも答えて下さり、自らテーブルを廻ってカットして下さったり。
お菓子を作るようになったきっかけなど、お話を伺うとなかなか面白い経歴の方で、一度パティシエを辞められたこともあるそう。
前回の小山シェフなどとは対照的な方なのですが、(ご本人曰く、ヘタレなのだそうです・笑)でもきっと底に秘めてる力は強く、大きいのだと思いました。
一見、周りに流されてるようでいて、上手にその流れに乗って、徐々に自分の道を見つけて来た、みたいな。

d0078892_15322153.jpg
ブレブレの写真しか撮れなかったので、小さめに。。

会が始まる前、myフォークを忘れて途中で買って行った私は、厨房で洗わせていただこうと中に入っていくと、最後の準備をされていたシェフが。
「あ、どうも; 今日はよろしくお願い致します!」って、丁寧に挨拶されました♪
こちらが恐縮しちゃうくらい、すごい腰の低い、いい人~って感じ^^
小山シェフには圧倒されちゃったけど、服部シェフにはほのぼの(笑)
お店は少し街中からは離れた場所にあるらしいですが、毎日行列だそうですよ。
私も機会があったらお店に伺って、できたてのお菓子をいただきたいです


最後はおみやげの焼き菓子たち。
d0078892_15211044.jpg
どれも美味しかったです。
ご馳走様でした♪

blogランキング参加中。
クリックしてね♥

ありがとう^^
by R-Sweets | 2012-06-19 15:50 | gâteau | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rsweets.exblog.jp/tb/16088213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。