R-Sweetsな生活
rsweets.exblog.jp

ロマンティックなお菓子を

by R-sweets
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
☆ピックアップブロガーに選んでいただきました*


写真素材
ミントBlue
カテゴリ
タグ
最新のコメント
以前の記事
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用すること、模倣することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ:思うこと( 14 )
ひまわりプロジェクト*
d0078892_23382389.jpg
昨日は、東日本大震災復興支援チャリティイベントの「ひまわりプロジェクト」に参加させていただきました。
今までにも、夜行バスに乗って、瓦礫撤去に行かせていただいたり、2ヶ月に一度、訪問ボランティアに行かせていただいたりしていましたが、現在は避難所も閉鎖。。
直接お会いすることもなくなってしまいました。
私自身も、ふと気づくと一日のうちに忘れている時間が増えてしまっていることに、忸怩たる思いを感じたりも。
そんな時、このイベントのことを知り、すぐに申し込みをさせていただきました♪

チャリティと言っても、薬膳のお話を聞かせていただき、試食もあるという嬉しいイベントemoticon-0115-inlove.gif
日頃、お菓子を食べることが多いので、とても興味があったのです^^v


d0078892_2348673.jpg
こちらが教えていただいた薬膳のお料理。
どれもとっても美味しかったです♪
手前にあるのは、「無花果と鶏レバーの赤ワイン煮 シナモン風味」。
私、レバーは大の苦手emoticon-0107-sweating.gif
でもそんな私でもいただくことができました

最初の写真は、石巻のお味噌屋さんのお味噌やおしょうゆを使ったスイーツ♪
おみやげを買うことも復興のひとつになると思うので、少しですがおやつに買わせていただきました^^
しっとりドーナツは、きなことずんだ味
「味噌ピーナツ」は止まらなくなっちゃう~emoticon-0137-clapping.gif
手前右側の「味噌焼きショコラ」もホロホロなのにしっとりで、どれも本当に美味しいです


素敵なマダム市川にもお会いできましたし、ずっとお会いしたいなあ、と思っていた方とも再会できて、ほんとに幸せな時間でした♪
また機会があったら参加させていただきたいと思います

blogランキング参加中。
クリックしてね♥

ありがとう^^
by R-Sweets | 2014-04-25 00:06 | 思うこと | Trackback | Comments(2)
祈りの日*
d0078892_0325840.jpg

昨日から一転、今日はまた肌寒い一日でしたね。。
2年前もとても寒かったように思います。
今日は私もまた心から祈らせていただきました。
出かける途中、電車のアナウンスでも「2時46分には一時停車し、その後3分間減速運転させていただきます」と言っていました。
災害訓練のためと言いながらも、とても優しいものを感じました。。
また、立川の伊勢丹でも「2時46分には黙祷させていただきます。」とアナウンスが。。

あれから2年。。
どれだけのことができたのかわからないけど、被災された方々が少しでも気持ちが前向きになっていただけるよう、笑顔のお役に立てたらいいなあと思っています。
本当はボランティアも、ひっそりとやって、ブログにも書かないほうがいいんだろうな、と思っているけれど、私がしていることで「あの人もやっているなら」と、身近なことから始めよう♪と思ってくれる人もいるかもしれない、と思いながら書いています。。
実際、私の周りにも少しずつ増えてきていて、それがとてもうれしい

2ヶ月に一度、行かせていただいていたF町の方達の中で、今高校3年生のN君は、4月から福祉の専門学校に行くそうですemoticon-0115-inlove.gif
えらいなあ。。
「自分も何か人の役に立ちたいから」って。。
先月、最後の挨拶の時に、そのN君と、もうお一人、今は避難所から出てご近所に住んでいらっしゃる小学生のお母様も「私たちのために泣いてくれる人がいるなんて、ありがたいです。。」と言って下さいました。。
大人の事情で(笑)、ボランティアとしてはもうお会いできなくなってしまったとしても、心はひとつ
ずっと祈り続けていようと思っています。
そしてまた何か、私にできることがあればどんどんさせていただこうと思いますemoticon-0144-nod.gif

あの日から、世界中の人が何かに気づいたのではないかなあ。。
困った人がいれば手を差し伸べる優しさとか、自然に対する優しさも含め、自分のことばかり考えていてはいけないんだ、ということに。。

blogランキング参加中。
クリックしてね♥

ありがとう^^
by R-Sweets | 2013-03-11 23:54 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
柚子のひとつになれたこと*
d0078892_13162551.jpg
先週末、宮城県に行って来ました。
いきなり一言だけ残して行ってしまった私に、応援・心配してくださった方々、本当にありがとうございましたemoticon-0139-bow.gif 
メッセージやメール、とても励みになりました!
こんな言い方をすると語弊があるかもしれないけれど、ボランティアはとても楽しかったです♪
たくさんの素敵な仲間もできました^^
今はボランティアの一人として、無事お役目を果たせたことがとても嬉しく、またケガも病気もせずに戻ってこれたことにホッとしています。
あちらの言葉で言うと、「行げて、いがったなぁ~」って感じかな^^
大したことはできなかったけれど、普段の私なら絶対できなかったであろうこと、ほんの少しの勇気を出すことがとても大切なんだ!、と改めて思いました。
帰ってきてからも私はとっても元気です♪emoticon-0100-smile.gif

現地に向かう途中でも、現地に着いてからも、たくさんのボランティア団体に遭いました。
それだけでも嬉しかったです♪
私、こういうことは男子の方が多いのかと思い込んでいたけど、行ってみたら女子パワーにびっくり!
私たちのツアーも、2/3は女性でした。
しかもみんなめちゃめちゃ元気emoticon-0136-giggle.gif
(尚、被災地での写真撮影は禁止されているため、最初の写真は宿泊したホテルから翌朝、携帯で撮ったものです。
とてもきれいな景色だったのに、暗くてすみませ~ん。。)


今だから言えるけど、私、体力にはまったく自信がありません。。(苦笑)
私をご存知の方なら、きっとびっくりされているでしょうね^^;
しかも、出発当日は微熱があるという状態でした。
喉もひりひりし、普通ならそのままどんどん熱は上がり、喉も腫れていき。。
でも、どうしても行きたい!という気持ちが通じたのか、次第に喉も落ち着き、熱もそれ以上あがることはありませんでした。
ツアーの方たちにご迷惑をかけないよう、お薬をたくさん詰めて、いざ♪

かなり強行軍の夜行バスツアー、途中、夜明けのパーキングエリアで食べた「フロム蔵王」の「チーズプリン」美味しかったなあ~emoticon-0115-inlove.gif
翌朝、気仙沼へ到着。
途中までは普通の町並みでしたが、ある場所から急に津波のあとが。。
あれから半年経っているのに、電柱は折れ曲がり、ほとんどの家は2階部分はあっても1階は流されたまま。。
家はあるのに人はいなくて、まるで映画のセットのような街にはやはりショックでした。。
テレビで観るより、現地に行く方がショックが大きい、というのは本当ですね。
それでも随分、当初よりはよくなっているのだろう感はありました。
でも、「復旧、まだまだなんだ。。」と、再確認。
政治家は争ってばかりいないで、早くなんとかすることに専念してもらいたいなemoticon-0112-wondering.gif

気仙沼港から30分ほどフェリーに乗って、とある島へ。
大きな柚子農家のお宅へ伺いました。
ずっと暑い日が続いていましたが、この日は曇りで日差しもなく、気温も低めで時折涼しいそよ風が吹き、ボランティア日和! (こんな言い方があるのか、わかりませんが。。)
翌日はまた真夏日になったことを思うと、1日ずれていたら大変だったな~、と、真夏に来ていた方たちを本当に尊敬すると同時に、天候まで見方してくれたことに感謝でした 
それでも外での作業中は暑くて大変でしたけど。。
港から現地まで、数人ずつ車でピストン輸送してもらうため、全員が揃うまでの間、お庭の先の敷地の雑草採りをしました。
私はガーデニングで慣れているので、これは苦にならず、趣味がこんなところで役に立ってよかったですemoticon-0155-flower.gif
全員が揃ったところで、少し(かなり?)離れた畑へ。
この柚子農家のお宅のおばちゃん(親しみをこめて、皆、こう呼んでいます^^)、「ちょっと遠いけどぉ~、道なりに行ってな^^」
み、道なりって? 道なんてないよ~^^;
よく見ると雑草の中にあぜ道の名残が。。
途中、切れて小川が流れているところもあり、そこはジャ~ンプ♪ (私はコケましたが・笑)
瓦礫の中にはガラスや釘や、危ないものがゴロゴロしているので、私たちは長靴を履くよう、指示されています。
流れてきた海の砂でぼこぼこになったあぜ道は、ただでさえアスファルトの道しか知らない私たちには大変。。
さらに歩きにくい長靴なので、行くまでにすでに汗だくでした。
ここからが本番!
でもみんなさっきの雑草採りで結構体力消耗しています;
畑の上を海の砂が覆っていて、その上、そこにも雑草が生えていて、とても栽培できる土壌ではないため、まずはその砂を除去するのがボランティアのお仕事なのでした。
スコップで掘った雑草付き砂を、バケツリレーで運びます。。
でも、砂って、とても重いんですemoticon-0141-whew.gif
私、重いものは持てないのです~。。
なんてことは当然言っていられないので、バケツリレーやりました!emoticon-0165-muscle.gif
不思議と、こんな私でもできちゃうのです 
そうは言っても、やはり力のないのは周りの方たちから見てバレバレだったらしく、随分と助けていただきましたが。
そのうち、疲れてくると人間ナチュラルハイになるもので、どんどん楽しくなっちゃうのですemoticon-0115-inlove.gif
テンション上がりまくりで、笑ってばかりいました。(ふざけてたわけではありませんよ~^^;)
へたれな私たちチーム、「休憩、休憩♪」と、少しやっては休んでばかりだったので、私だけじゃなく、みんなも疲れてるんだな~、と思うと、このへたれチームでよかったわ~、なんて思いましたemoticon-0136-giggle.gif
それでも汗でゴム手袋の中はびしょびしょ、腕を上げると、手袋の中で汗が流れるのがわかります。。
男性は女性を気遣い、疲れていそうな人を思いやり、みんな、とても優しく素敵なチームでした 
うみねこ達も近くまで来て応援してくれましたよ~^^

終わってからおばちゃんから聞いたお話。。
おばちゃんのうちも被害は大きかったですが、震災後、避難している子ども達に柚子を配ったそうです。
「おばちゃんはさ、ボランティアなんてでぎないのよぉ~。だから柚子を持っていったんだけどぉ~、その柚子のひとつひとつがこうやってみんなみたいなボランティアになって助けに来てくれだと思ってるのぉ~^^ ありがたいね~。」
ぐ~っとこみ上げるものをこらえて、ほんと~~にほんと~~に来てよかったと思いました!
おばちゃんの柚子のひとつになれたこと、私の誇りに思います♪♪
へたれであまり進まなかったけど、きっと作業自体よりも、私たちの気持ちを示すことが大切だったのだと思います。
少しでも力になれれば、それでいいのかな、と思いました。

帰りは徒歩で港まで。
途中、現地の方たちに会うと、「こんにちは~^^ ありがとう、ご苦労様ね♪」と声をかけてくださり、やっぱり東北の人って、あったかいな~と思いました。
別のボランティア団体の人に会っても、復旧工事をしている方たちに会っても同じです。
よく、芸能人も「被災地に行って、逆にパワーをいただきました」と言ってるけど、ほんとにそうemoticon-0152-heart.gif

素敵な柚子農家のおばちゃん、帰りのどこかのパーキングエリアでおばちゃんの顔写真入りの柚子ポンを見つけました!
もちろん、みんなで買いましたよ~^^
これも支援のひとつですから 

続く。。

blogランキング参加中。
クリックしてね♥

ありがとう^^
by R-Sweets | 2011-09-21 13:19 | 思うこと | Trackback | Comments(2)
優しい心*
今、東日本は未曾有の出来事に、本当に大変な状況に陥っています。
毎日テレビから流れる映像に、まさに「言葉にならない。。」というのがみんなの気持ちだと思います。
いてもたってもいられない、でも何ができるかわからない。。

海外からは、暴動まで起きていたよその国からも、支援の方々が続々と来てくださっています。
一時期、私は「ほんとに戦争になっちゃうんじゃないかな。。」と、真剣に心配して祈り続けたことがありました。
こんな、言葉にならない悲惨な状況ではあるけれど、今、民族、人種、言葉を超えて、優しい気持ちがひとつになっている気がとてもするのです。
きっとこれが、この助け合う姿が、本来の人間の姿なんじゃないかとしみじみ思っているところです。
ニュージーランドの方たちも来てくださってますよね。
中国の方も、地震の時に日本に助けてもらったから、って^^

ごくごく身近なことでは、今日、知り合いのおじさまが、「美味しいうどん屋に行ったから。前から持ってきてあげたかったんだよ。新鮮だよ^^」と、わざわざうちに寄って下さいました。
すごく美味しそうなおうどんと揚げ玉もつけて、二袋。
二袋と言っても、うちだけでは食べきれない量が入っているんです♪
なので、姉にもお裾分けしました。
もうひとつは、いつもいつも家庭菜園で作る美味しくて新鮮なお野菜を持ってきてくださるお隣のおばさま。
今日は採れ立てのにんじんをいただきました 
この方達はいつも優しいけれど、今は特に、みんなで助け合おうという気持ちがさらに強くなっているのを感じます。
うちは困ったことはなかったけれど、きっと心配して様子を見に来てくださったのでしょう。

こんな風に、一番身近なところではまず家族に、そして少し広げてお友達・ご近所・会社の方・日頃お付き合いのある方、さらに広げると街中ですれ違う人にも、もっと広げると世界中の人に、同じように優しい気持ちを持って接すれば、きっと世界は優しく平和になると思うのです。
今がその時なんだなあ、と漠然と思いました。
こんな時に不謹慎かもしれないけれど。。
「どうしてこんなことが起こったんだろう。。」と、ずっと考えていたのです。
このままでいたら、どこかで争いが起こっていたのかも。
だからって、こんなことにならなくても、と自問自答しています。
ほんとに悲惨で悲しくて、なんと声をかけたらいいのかわからない状況だけれど、身内が亡くなる気持ちがどんなものか、すこ~しだけ私もわかるので、涙が止まりませんが、でも。。
悲惨な状況の一方では、どんどん優しい気持ちがあふれてきている。
ちょっと見方を変えたら、世界がいい方へ変っているような気持ちがしました。
きっと悪いことばかりじゃない。。

今はともかく、少しでも早く、一人でも多くの命が助かりますように。
そして避難されている方たちが食べるものや寒さに困ることがなくなるように、祈り続けていますが、その一方で、たくさんの優しい気持ちも忘れちゃいけないな、と感じています。
私がいつもさせていただいている募金は、災害時の援助費用にも役立っているそうです。
なのでテレビに映る救助隊の姿を見ると、自分も少しは役に立ってるのかな、と実感できるのが嬉しい♪
救助の方も命がけで本当に大変。。
だから普段から私にできることをしていてよかったなあ、と思います。
そしてそれとともに、他にもできることを探しています。
でも信頼できないものもあるようなので、皆様も十分気をつけて、できることから始めましょう 
たとえば、ご近所の方に会ったら、にっこり笑うだけでもいいんですよ^^
募金が難しい人は笑顔や優しいまなざしを向けていくことも同じことです。
温かな優しい言葉をかけることや相手を思いやる心、電車で席を譲ることもみんな同じ心です。
これならすぐにでもできますよね 
反対に、相手を責めたり揚げ足を取ったり、自分を守るために嘘をついたり、は真逆の行動です。
正しい心でにっこり 
ついでに女子力もアップ(笑)
それで世界平和になれるなら、いくらでも笑っちゃいますよねemoticon-0136-giggle.gif
by R-sweets | 2011-03-15 00:20 | 思うこと | Trackback | Comments(2)
祈りの力*
ひとりひとりでは小さな力も、たくさんの人が集まると大きな力になります。
祈ることしかできない、と、つい消極的に思ってしまうけれども、祈る力も日本中、そして世界からも結集したら、とてつもなく大きな祈りになると思うのです。
祈れることにまず感謝*
そして、世界各地からの援助やお見舞いの心に、日本人として本当にありがたいな、と思います。
きっとすごく大きな祈りが、今、日本に向けて、送られているのを感じます。
国も民族もないな、といつも思っているけれど、人間根本は一緒なのだから、心も通じるのです。
そして、結集する大きな力は、たくさんの人、というだけでなく、一人が毎日少しずつできることも、日々にすればたくさんになってゆきます。
大それたことはできなくとも、いつも贅沢品に使ってしまうお金を募金したり、節電したり、衣類や必要品なども送れるかも。
そして、優しい気持ちを送ることも力になると思います。
私も毎日、ニュースで見る被災された方たちに、祈りのパワーを送っています。

友人達とも連絡が取れ、一安心。
元の会社の友達はみな、歩いて帰ったり、車で会社を出たものの、少しも進まないので会社にUターンして一夜を明かし、翌日電車で疲労困憊して帰ることができたり、と、さまざまでした。
メールの返事が私のところへ届いたのが4~5時間経ってからだったので、やきもきしていましたが、帰る途中でスニーカーを買ったり、お蕎麦屋さんが営業していたのを発見して腹ごしらえしてから歩きとおしたり、みんなの行動にはほんとによくがんばったねと、思います。

我が家はほとんど壊れたものもなく、被害と言ったら、玄関のところにある石灯籠が崩れたことだけ。
それも組み立てれば元の通りになるし、元々洋風の家と合わないな~、と私は思っていたので、別に直さなくても、と思っています。
私はと言えば、たまたま自転車に乗っていたので、全くと言っていいほど揺れの大きさを実感していません。。
「どうしてみんな外に出てるの?」と思っていたくらいです。
地震の規模や重大性が全然わかっていなかったので、恐い思いをすることもありませんでした。
心配して連絡を下さったみなさん、本当にありがとう♥♥♥ 
とっても嬉しかったです^^
これからはみんなで協力して、できることから始めましょう♪
私も、できることはすべてさせていただくつもりです。
by R-sweets | 2011-03-13 17:14 | 思うこと | Trackback | Comments(7)
一周忌
d0078892_18424690.jpg
6日は母の一周忌でした。
私の今までの人生の中で、一番早かった一年。
あっという間の一年でした。
お花やメールを下さった皆さん、ありがとうございました♡
「メールすると辛いことを思い出させちゃうかもしれない。。」と悩んでくれたReikoさん、ほんとにありがとね!

私がブログに書いていた母は、なんとも天然でマイペースな人でしたが、それは多分、母の
10%くらいの部分だったと思います。
それ以外の大部分を占めるのは、いつでも人のために愛情深く一生懸命で、自分のことよりまず人のことを考え、優しく接していた姿だと思います。
専業主婦だったにも関わらず、お通夜には百数十名の方がいらして下さったのも、そんな母の人柄ゆえだと思います。(娘が言うのもなんですが。。)
母が亡くなってから、家に来る人、お友達だけでなく、営業の人とか新聞屋さんとか、そんな人たちまでが訃報を聞いてびっくりして、涙をこらえながら、「あんないい奥さんはめったにいないですよ!私のこともいつも心配してくれたんです。。」と言ってくださったり、ある新聞屋さんはお線香まであげてくださいました。
私は昼間の母がどんなふうにその方たちと接していたかを知らなかったので、とてもびっくりしたけれど、また誇りにも思いました。
そのため、我が家の新聞はいつも3ヵ月毎に変っていたけれど、どの新聞屋さんにも平等に契約していたからなんだなあ、と、理由がわかってちょっと納得したりも^^
家族や友達だけに優しくすることはとても簡単。
でも、誰にでも優しくするのはとても難しいことだと思うし、それこそが大切で尊敬に値することなのではないかと思います。
たくさんの人に「本当のお母さんのように思っています!」と言われ、号泣する男の人もいました。
私達はそんな母に育てられたことを、本当に誇るべきことなのだなあ、と思います。

6日はみんなでわいわいと麻布のお寺に行き、法要をしていただきました。
「雨男がふたりいるけど、晴れ女もふたりいるからどうなるかな?」と姉^^
雨男は父とお義兄さん、晴れ女は姉と私です。
朝は小雨でしたが、お寺に着くと晴れていて、お墓参りが終わった途端、また雨が降り出しました。
「すごいね(笑)」
ちょうど仲良く引き分けです^^
実は四十九日の時もお盆の時も、まったく同じだったのです。
私達家族がみんな仲良く健康に過ごしている様子を見て、きっと母も安心しているでしょう♡
もっとも、母はいつも私達のそばにいて、見守っていてくれることは分かっているから、みんなとても明るいのです。
お昼は昨年と同じく、プラチナ通りのお店でにぎやかにお食事をしました。
去年も思ったけれど、大人になって会う叔父や叔母、なんだかとっても素敵な人たちです♥
ひとりの叔母はふわりとストールを巻いておしゃれで、物腰も素敵。
一昨年、叔父と一緒にパリに行ったそうで、私と同じ年だったからそのことでまた盛り上がり。
ミュージカルがお好き、と聞いて、またまた大盛り上がり(笑)
叔父は、「Rちゃんがまだお母さんのお腹にいた頃、僕がお母さんを会社まで送って行ってたんだよ。だから毎日、3人で通勤してたんだ^^」
知らなかった~(笑)
こんな親戚が大好きだなあ、と思います♥

母が亡くなったことは、普通はとても悲しい出来事なのだと思います。
でも、その意味がわかった時、すべては感謝に変りました。
私は私のやるべきことを、しっかりとやって行くこと。
それが母が一番喜んでくれることだと思うので、一生懸命に、そして楽しく(時々お菓子を作りつつ^^)、日々を過ごして行こうと思うのです。
by R-sweets | 2009-05-08 19:53 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
最近のこと
d0078892_23325776.jpg
早いものでもう12月。
今年は私にとってとても変化の大きかった年でした。
でも本当にご心配されるようなことはなくて、私はすごく元気に充実した毎日を送っています。
ここ最近は、お菓子の試作やお料理、そして来年に向けての準備を少しずつ進めています。
残念ながらそれはお菓子教室とかではなくて(笑)、母の念願だったこと、今年それは初めてかなったことなのだけれど、来年は私が受け継ぐことになりました。
詳しいことはここには書けませんが、それをすることは母が一番喜んでくれることだと知っているので、力不足だけれどがんばることにしたのです。
最初、その話が出たとき、「へ?何言ってるの?;」ときょとんとしてしまったのだけれど、周りから「そうよ、それが一番いいわよ!」ということになってしまい、「むちゃぶりだ。。」とブルーになりながらもいつものように「迷ったらやってみる!」をモットーにチャレンジすることに。
だって、考えてみたら人生はいつもむちゃぶりだもの。。
今までも「そんなこと、私にはできない。」と思っていても、やってみたらできちゃった、なんてことはたくさんあったし、「Rちゃんはやればできる子よ♪」なんて言われてしまうと、あまり考えずになんでもやってしまう私は「そうかな~、そうかもね^^ じゃあ、やってみようかな♡」となってしまうのです(笑)
そう、来年は「チェンジ!」の年だものね^^
私も自分の殻を破りつつ、少しずつ前進していこうと思います。
今までは母や父や姉や周りの人たちにいつも守られていて、その陰に隠れてぬくぬく、のびのびしていた私だけれど、私も少しずつ「チェンジ!」です^^
(そうそう♪ 冷凍庫は無事、スリムで使いやすく、音も静かな新人君がやってきて、とても快適ですv)
それに、「自分がしたいことをする」よりも、「人が求めていることをする」方がいいと思ったし。
たくさんの人がうちに来てくださることになるので、そのために今は毎日少しずつ「おうちピカピカ大作戦」を実施中です♪
いらしてくださる人たちが、来ることが楽しくなるように、私らしく若い感覚でできたらいいな♡

More
by R-sweets | 2008-12-04 00:34 | 思うこと | Trackback | Comments(8)
愛すべき人
母の古くからの友人のTさん、とっても美人で華やかで、でも天然でかわいい、お嬢様育ちのおばさまです。
何しろ昔、福岡のお嬢さんだった頃、毎月踊りのお稽古のために東京に通っていたらしいのですが、そのたびに今で言うと100万単位のお稽古代を払っていたそう。
そして宝塚にも合格したんだけど、寮生活をするのが嫌で入らず、当時の人気俳優の人たちと華やかにお付き合いしたりしていたんだって。
そんなことをさらっと言ってしまうのに全然嫌味でないところがまたいいな、と思っている私です^^
昨日はそのTさんが、ピンクと白の柄の素敵~なスーツを華やかに着こなして、ひらひらと(本当にひらひらと言う表現がぴったりの華やかさなの♡)塩大福をもっていらしてくださいました。
私のこともいつもとても優しく気にかけてくださって、私は本当に大好き♡
でも天然なだけに、「Tさん語録」と私が呼んでいる色々な爆笑エピソードもあるのよね^^
そんなTさんがこの前、姉に「Rちゃんてとぼけてるわよね」って言ってたんだって。
「とぼけてる」と言うのはどうやら「天然よね」という意味らしいので、「えっ? Tさんには言われたくないんだけど(笑)」といっていたところでした。
昨日も塩大福をいただきながらお話している時、キリスト教のお話になって、昔のローマ法王「パウロ六世」の名前を言おうとしたTさん、「パウロ」が出てこなくて、「ほら、あのルイ16世が」と言ってしまったのでした^^
時代が違いすぎ;
なんて突っ込み甲斐のある人でしょう(笑)

「Rちゃんと私、何だか似てるのよね。私も次女でのんびりしていて。でもみんながみんな、しゃきしゃきしていたら周りが疲れちゃうでしょ。だからRちゃんはその雰囲気でいいのよ、なごむから」
何だか褒められたのか何だかわからなかったけど、私はこれでいいのかしらね^^
確かに姉妹でもタイプが全く違う私達。
昨日はさすがに私に直接は「とぼけてる」とは言わなかったけど、何か別の表現で言ってました。(それを忘れちゃうところがまた私の私らしいところ。。)

やっぱりいいなあ、Tさん♡
私はきちきち・カリカリしている人はどうも苦手みたいです。
温かくなごんで楽しい午後のひとときでした。
写真はこのあいだアップしそびれた「ピュイ・ダムール」のカット面です。
d0078892_23233894.jpg

blogランキングに参加しています。
ここをクリックして応援お願いします。

by R-sweets | 2008-07-22 23:26 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
幸せのクローバーチョコ
d0078892_23404277.jpg
だいぶ前に買って忘れていました。
お花の模様のチョコ、と書いてあったので買ったんだけど、開けてみたら四葉のクローバーのチョコでした♡
でも今の私の気分にぴったり!
周りの人たちに幸せになってほしい、とつよく思った日だったから。
何も特別なことはなかったけれど、ごく普通の日々の中で考えたり感じたりしたこと。
大切な人たちのことを考えていると、自分のことにはとらわれなくなるってほんとうだ。
今、日本にいられること、今住んでいる場所にも意味があること、それはとっても幸せなことで、望んでも日本に、東京の近くに住むことができない人もたくさんいるのに、すごく恵まれているのだということも。
今日は今までなんとなくわかっていたことがつながって、ああ、なるほど!と納得した日。
すべてに感謝の日。
私のお菓子も、それを食べて幸せになってくれるように気持ちをたくさん入れよう!
今日はお取り寄せしていた材料が届いたから、心をこめて作って元気になってもらおう♡
今あるだけの力で作ればきっと伝わるはず。(と 思う。。)
それは上手かどうかとか、作りなれてるか、とかじゃなくて、気持ちの問題だなあ、と。
こんな風に作るのって楽しい!
今度会ったときに食べてもらえるように、冷凍しておけるといいな。

訳の分からない文章でごめんなさい(笑)
でも、ここに来てくださる人にも四葉のクローバーと、私のパワーを♡^^


blogランキングに参加しています。
ここをクリックして応援お願いします。

by R-sweets | 2008-07-13 00:18 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
ひろあにさんの命日に思う
@nie'sのひろあにさんが亡くなられて、明日でもう3年になります。
いつもいつも私達を温かい、そして大きな気持ちで見守って下さったひろあにさん。
どれだけの人がひろあにさんのおかげでお菓子作りを楽しみ、好きになったことでしょう。
もちろん、私もその一人で、今でも「私は@nie's出身、@nie's育ち」と思っています。
ひろあにさんに教えていただいたことはたくさんあって、それはお菓子の作り方やコツや知識はもちろんのこと、一番大きなことは、その優しさ・大きさだったと思います。
まだ今のようにお菓子作りがそれほどブームでもなく、ましてやサイトなども少なかった頃、たまたま見つけた参加型のサイト。
どんなお菓子の写真でも、ひろあにさんは必ずコメントをつけてくださって(そのコメントもいつも楽しくて、くすっと笑ってしまうようなものでした)、そして必ずいいところを褒めてくださいました。
それはきっと誰でも優しい気持ちになる、みんなが持っている子どものような素直な気持ちを見つけてくれたことなんだと私は思います。
もちろん、自分では上手ではないことはわかっていても、同じ趣味の人たちからも優しいコメントをいただいて、嬉しくてどんどんお菓子作りが好きになり、はまって行きました。
しろうともプロの方も一緒になって、お菓子作りを楽しんだこと、ひろあにさんの楽しいコメントに笑ったこと、毎日サイトを覗くのがとっても楽しみだったこと、きっと私はずっと忘れないと思います。
「スポンジがこの前よりうまく焼けた」とか、「マカロンが出来た!」とか「シフォンに穴があかなかった」とか、そんなことを本当に優しく一緒になって喜んでくださって、いい意味で自信もつけさせて下さった。
その気持ちは何年経っても、どんなに技術が上達したとしても、いつまでもなくさないようにしたいと思います。
その気持ちを周りの人に伝えていくことが、ひろあにさんが一番喜んで下さることだと思うから。
何より、それはひろあにさんからいただいた、とても大切な大切なものだから。


blogランキングに参加しています。
ここをクリックして応援お願いします。

by R-sweets | 2008-06-16 23:41 | 思うこと | Trackback | Comments(4)